銀行のカードローンや消費者金融に申し込む時は審査に必要な書類を提出しなければいけません。審査に必要な書類は本人確認書類と収入証明書で審査が行われる前に提出する形になります。提出方法は今まで郵送で提出するというのが一般的でしたが、最近ではスマートフォンの普及によってアプリで撮影して提出する事も可能です。そのため郵送のように業者に届くのに数日かかってしまうという事もなくなったのですごく便利になっています。

本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートが適用されるのでどれかを提出する形になります。しかし業者によっては運転免許証に指定される場合もあるので事前に確認しておく必要があります。また収入証明書は借入額が低い場合は必要ない事も多いので多額の借り入れを希望する人が必要となります。収入証明書として適用されるのは給与支払明細書、源泉徴収票、課税証明書になるので準備するのが少し手間がかかってしまいます。そのため収入証明書が必要になりそうな時は時間に余裕を持って準備するようにしましょう。

本人確認書類はキャッシングを利用する時は必ず必要になります。そのため自動契約機で申し込む時は忘れずに持参するようにしましょう。またホームページから申し込む時はスマートフォンのアプリで提出するといいでしょう。