効率良くお金をためる方法について

今後の将来の為、老後の為など貯金を頑張っている方は多いと思います。
ただその貯金は本当に効率良く出来ておりますでしょうか。

例えば日々お金を貯金している銀行。
せっかく貯金するのであれば、金利率も意識して貯金する銀行を決めた方がよいです。
みずほ銀行やゆうちょ等の普通口座の金利は0.001%
10万預けていても100円ほどの金利しかつかない計算になります。
ただ、イオン銀行など金利の高いところに預けると普通口座でも条件を満たせば1.0%~1.2%ほどの
金利を手にすることが出来ます。
計算してみると大分違いますよね。
その他、株式や国債などを購入したり、ただ貯めるだけではく投資をして
1のものを1.2、1.5倍にすることを考えてみてください。
小さい金額でも増やす事を考えることが大事です。
株式などは怖いからやらないと思っている方は多いかもしれないですが、
最低限の知識をしっかり身につけリスク回避は十分にできるので安心してください。

今の世の中インターネットでも多くの情報を取り入れることが出来ますし
お金を増やす方法の本も沢山でてます。
無料のセミナーなどもあります。
お金をためるには勇気をだして、行動することが大事です。
自分への投資の為、まずは行動してみてください!在籍確認なし カードローン

誰でも簡単に出来る!毎日の節約技術

都内で手取り20万ほどの安月給なので、節約とは切っても切れない生活を送っています。
【食費】
日々の細かい積み重ねで、食費の支出額は大幅に減らせます。
・コンビニで食べ物を買わない。ちょっとしたお菓子でもスーパーを利用。
・ペットボトル飲料は買わない。パックのお茶を作り、水筒に入れて持ち歩く。
・スーパーの特売日にまとめ買いし、おかずを作って小分けで冷凍しておく。
【水道光熱費】
・食器は桶でつけ洗いをし、水を出しっぱなしにしない。
・エアコンのオンオフは最小限に。起動時に多くの電力がかかる。
・支払いは口座引き落としだと割引になる場合がある。
【美容、服飾費】
・女性はここに無駄遣いしがち!高い化粧品を塗りたくるより、健康的な生活習慣を送った方が美肌に近づく。化粧品はシンプルに。
・断捨離し、着ない服はリサイクルへ。
【交通費】
・時間に余裕があれば、なるべく徒歩や自転車移動。運動にもなり、ジムいらず。
【レジャー】
・レジャーランドに行くより、キャンプやピクニックなどお金のかからない遊びを積極的に行う。自然と触れ合えて健康にも良い。プロミス審査

不景気のこの時代、節約は人生のパートナーです。また、エコにもなり地球に優しい生き方と言えます。

初めての方はCM通り、アコムがお勧めです!

私は23歳のとき、初めてお金を借りたのがアコムです。どうしても2万円必要だったのですが次の給料日まで10日以上もあり、周りにお金を頼れる人もいなかったので借りたのがきっかけです。今まで消費者金融は自分とは縁のない物だと思っていたのでどうしたらいいのか、どの会社を選べばいいのかもわからなかったので、とりあえずCMで「はじめてのアコム」とうたっているアコムから借りることにしました。まずは電話で問い合わせ審査の流れ、お金を借りる際に必要なものを教えてもらいました。審査を受けて問題なければその日から借りることができるということで、電話が終わった後そのまま無人のアコムまで行きました。そこでの審査も電話で話をしながら質問に答え、勤め先への在籍確認などもしっかり終わった後そのまま必要だった2万円を借りることができました。できることなら消費者金融でお金を借りるのは嫌だなと思っていましたが、本当に助かりました。借りるまで何日かかかると思っていたので、審査の当日から借り入れできて本当によかったです。また、1か月以内に返金した場合は利息がかからないというのもすごく魅力的でした。面倒な作業もなく、オペレーターの方もわかりやすく親切に対応してくれるのでこれから消費者金融での借り入れを検討している方がいれば、ぜひアコムがお勧めです。モビット 審査

本人確認書類と収入証明書に適用される書類

銀行のカードローンや消費者金融に申し込む時は審査に必要な書類を提出しなければいけません。審査に必要な書類は本人確認書類と収入証明書で審査が行われる前に提出する形になります。提出方法は今まで郵送で提出するというのが一般的でしたが、最近ではスマートフォンの普及によってアプリで撮影して提出する事も可能です。そのため郵送のように業者に届くのに数日かかってしまうという事もなくなったのですごく便利になっています。

本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートが適用されるのでどれかを提出する形になります。しかし業者によっては運転免許証に指定される場合もあるので事前に確認しておく必要があります。また収入証明書は借入額が低い場合は必要ない事も多いので多額の借り入れを希望する人が必要となります。収入証明書として適用されるのは給与支払明細書、源泉徴収票、課税証明書になるので準備するのが少し手間がかかってしまいます。そのため収入証明書が必要になりそうな時は時間に余裕を持って準備するようにしましょう。

本人確認書類はキャッシングを利用する時は必ず必要になります。そのため自動契約機で申し込む時は忘れずに持参するようにしましょう。またホームページから申し込む時はスマートフォンのアプリで提出するといいでしょう。

銀行のカードローンで必要なもの

銀行のカードローンの申し込みには銀行によって審査以前の前提条件があります。それはまず口座を持っていることです。口座を持ってある一定期間経過していないと申し込めない場合があります。銀行によっては申し込む前に口座を開設し、公共料金の振込みを申し込めばOKというところもあります。

さて申し込みに当たって必要な書類があります。一つは所得証明です。源泉徴収でも代用できる銀行もあります。もう一つは身分を証明するものです。運転免許書があればOKですが、なければ保険書のカードや住民票でもOKです。最後は申し込み銀行の届出印鑑です。これをそろえて書類に記入し審査に申し込みます。この種類に記入する時に問題になるのが返済方法です。毎月返済と、6ヵ月毎の金利引き落としの2種類あります。これをよく考えて記入しないと、審査が通過した後では変更は出来ません。どちらも一長一短ですが金利が安いのは毎月返済型です。ただし借り入れ金額により毎月一定金額が引き落とされるタイプなので、自分の口座にプラスのお金が無いと引き落とせません。反対に6ヶ月毎の金利引き落としタイプは金利は高いもののカードロ0ンの上限額に達してさえいなければ、金利はマイナスであっても引き落とされます。

このように手軽に申し込めるカードローンも最近は多様化していますので、自分の収入にあわせたタイプに申し込む必要があります。

基本的な物があればOKです

カードローンやキャッシングを利用する時に、基本的に何が必要になるか?

経験がないと分からないもだのだと思いますが、実際には基本的な物だけあれば問題ありません。

自分の身分を証明する事が出来るものだけあれば大丈夫です。

一般的なものとしては、顔写真付きの証明書がベストです。

運転免許証が一番利用的です。また、パスポートでもOKです。

健康保険証がと顔写真の添付がありませんから、十分でありません。

こうした時は、住民票や印鑑証明書、公共料金の領収書といった住所を証明する証明書を提出を求められる事が想定されますから、最初から用意しておく方が手続きがスムーズに行きます。

金融機関側が理想とする身分証の形態としては、健康保険証+運転免許やパスポートという組み合わせが、一番ベストであります。

このほかに、一定額以上のカードローンを申し込む場合には別途必要書類があります。

「収入を証明する書類」が必要になります。

収入を証明する必要書類の種類としては、

・給与明細書

・源泉徴収票

・税額通知書

・納税証明書

・所得証明書

・確定申告書

これらが収入を証明する書類の一般例になります。

カードローンとは、無担保でお金を貸します。あなたの信用度が一番の信用情報となります。

信用で融資を受ける事になると思って下さいね。